毛根が傷ついて毛が生えなくなる

 

白髪が生えても抜いてはいけない

白髪を抜くと増えると言われますが、このことには科学的根拠はないそうです。
ただ白髪を抜くと抜け毛の原因になるため、白髪は抜かずに根元から切るのがいいそうです。

 

白髪は抜いたからといって増えるわけではない

 

「白髪を抜くと白髪が増える」という話を聞いたことがあると思います。
ただこれは、科学的にみると白髪を抜いたからといって白髪が増えるわけではないそうで、迷信の1つと考えていいそうです。

 

白髪を抜くようになるのは、白髪が気になり出すからだと思います。
白髪が気になり出すのは、ちょうど白髪が増える時期にあたるでしょう。

 

1本抜いても、また白髪を見つけてしまうため、白髪を抜いたことで白髪が増えたように思えてしまうということのようです。

 

白髪は抜かずに根元から切る

 

白髪を抜くと、毛根を傷つけてしまうことがあるそうです。
毛根が傷ついてしまうと、もうその毛穴からは毛が生えなくなってしまうこともあるのだとか。

 

ですから白髪を見つけても、抜かないほうがいいそうです。

 

もしどうしても白髪が気になるようなら、根元から切るようにすると、白髪が目立たなくなるそうです。

 

また白髪が気になり出したら、白髪予防のためにブラックサプリなどのサプリメントを飲むことも、いいのではないかと思います。
白髪も早めにケアすれば、白髪を増やすことがないと思います。

 

白髪染めなどは、髪の毛や頭皮を傷める可能性が高いため、できるだけ使わないほうがいいと思います。

白髪を抜いたら増えてしまうの?関連エントリー